医療法人 湖青会

077-594-0110

〒520-0528 滋賀県大津市和邇高城260-1

スタッフの声or利用者の声

スタッフの声

<加納 三香子:相談員>

私は介護職で入職し、今は相談員として働いています。
資格もなく入職し、介護職として働いていました。そして、現場で様々な事を教わりながら資格を取得しました。介護福祉士や介護支援相談員など、その後、現場の経験をいかし支援相談員という仕事に移りました。
支援相談員は主に、入所・ショートステイを希望する方の相談・受付や部屋の調整、また、在宅復帰される方の調整や在宅へ戻られた後の在宅生活を継続できる為の調整などしています。実際、見えにくい仕事が多いですが、利用者がスムーズにサービスを利用でき過ごしやすい環境を作るための大事な仕事だと感じています。
老健は、介護・看護・リハビリ・栄養・相談員などいろいろな職種のスタッフが協力しながらサービスの提供をしています。退所後は、他事業所の方とも連携を取りながら利用者がいつまでもこの地域で生活できるよう、少しでも力になれればと思います。
私は、利用者や家族に「ここに来て、良かったわ。」「家に帰れるようになって良かった。」などの言葉を頂くことが、何より嬉しく、仕事の励みになっています。
これからも、そのような言葉が頂けるよう努力して行きたいと思います。
利用者が住み慣れた地域で安心した生活を送れるように。

加納 三香子:相談員

<高山 千恵:看護師>

私は、介護士としてこの世界に入りました。自分自身のスキルアップの為に、看護師になる事を目指しました。湖青会は、介護士として働きながら、看護専門学校へ通い看護師の免許を取得する事の環境をいただきました。そして看護師になって1年間が経ちました。
初めは分からない事ばかり・・・戸惑いと不安でいっぱいでしたが、看護師の先輩方や他のスタッフの皆さんにご指導・助けていただき、また利用者にも暖かく見守っていただきました。今もまだまだ、勉強不足なところもありますが、看護師として更なるスキルアップを目指し、楽しく働かせて頂いています。ホントに皆さんに感謝です。
利用者に充実した生活を送っていただけるよう、個々に合った自立を目指した生活の援助、精神的な支援、利用者の意思を尊重しながら心のこもったケアができるよう日々勤めています。

高山 千恵:看護師

<松井 翔:介護福祉士(入所 正規職員)>

私は、この仕事を始めて6年が経ちました。
資格もなく、全くの未経験でこの施設で働き出しました。
当初は何もわからず、辛いことやしんどい事も正直ありました、でも、いつの間にかこの仕事が好きになり、介護福祉士の資格も所得できました。
そんな私が仕事を続けてこられたのはこの仕事が当初想い描いていた事や感じていた事より、楽しくやり甲斐のある仕事と感じた事や、一緒に働く職員のお陰だと思います。
この仕事をやっていて良かったと思う事はやはり利用者が自宅に帰られた時です。 「どうしたら家に帰れるの?」などの利用者の問いに、返答する言葉を探してしました。でも職員皆で「何をしてあげたらいいのか?」と言う事を考え話し合い、様々な取り組みを行い家に帰れた時には本当に嬉しい気持ちになります。
私が担当した利用者のお孫さんから貰った手紙は、今では一番の大切な思い出であり、この仕事続ける根底です。自宅に帰ってもらう為には、様々な問題がありますが、これからも、一人でも多く、利用者が自宅(住み慣れた家)に帰れるお手伝いをしていきたいです。

松井 翔:介護福祉士(入所 正規職員)

<横山 純:介護福祉士(入所 正規職員)>

私が湖青会に出会ったのは合同就職説明会でした。
たまたま説明を聞いた時、他の施設とは違い、実際に現場で働いている職員さんが来て話をしてくださったことに非常に好感を得ました。それは「現場で人が必要なら現場の人間が実際会って話すべき、現場の事を一番理解しているのだから・・」という理事長の方針でした。そのお話を聞き、私は漠然と「働いてみたいなぁ」と思いました。
実際に現場に入ってからは、大変なことも沢山ありますが職員の方も皆、利用者想いで、業務に対しても一生懸命です。尊敬している先輩も沢山います。定期的に行われる法人全体での勉強会やボーリング大会・忘年会では、普段会えない同法人他施設の職員さんと交流する機会にもなり、発見や出会いが沢山あります。又、外部研修に行くことも多く、勉強にもなり、自分自身がスキルアップできていると感じています。
これからも様々な知識をつけ熱意を持って仕事に励んでいこうと思います。

横山 純:介護福祉士(入所 正規職員)

<伊庭 壽沙子:介護福祉士(通所 正規職員)>

私は、医療法人 湖青会で13年近く働います。
独身時代は、入所(交代勤務)で働き、結婚・出産を気に通所(日勤勤務)で勤務させていただいています。
個々に変化するライフスタイルに合った働き方を法人が考えてくれるから、私は、長く勤める事ができていると思っています。
また、この仕事を続けている1番の理由は、利用者の笑顔です。私は、その笑顔を大切にする為、自分も笑顔でいることを大事に思っています。介護職は仕事を続けていく中で、看取りケアを感じ悲しくなったり、思うように介護ができず辛くなったりもしますが、利用者・家族の心からの「ありがとう」「とても助かった」などの声に、自然に涙が流れる事もあり、とても充実感を得られます。
これまでに、沢山の利用者との方と関わりがありました、100人いれば100人違います。成功だったのか?失敗だったのか?分からなくなる時もあります。そういった時にも相談に乗ってくれる上司・同僚がいます。
このような環境だから、私は仕事を楽しく続けられるのだと思っています。
まだまだ、ダメな部分もありますが、会社の充実した研修制度などで自分自身をスキルアップしていき、利用者・自分が笑顔でいられる会社を継続していきたいです。

伊庭 壽沙子:介護福祉士(通所 正規職員)

<温井 絵美:介護福祉士(通所 パート)>

現在、6歳と4歳の子供の子育てをしながら湖青会で介護福祉士として働かせて頂いています。入社して3年たちます。
入社が決まった時は、子育てと仕事を頑張って両立したい!という気持ちと共に、できなかったらどうしよう? 大丈夫かなぁ?という不安な気持ちの方がとても大きかったです。
実際に働き始めると子供が熱を出したり、肺炎になって入院したり、インフルエンザになったり、とお休みさせて頂く事が本当に多く申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
そんな私が仕事を続けてこれたのは、同じ状況を乗り越えてこられた、先輩ママさんや上司が「家族が一番!仕事はなんとでもなる、仕事の事は気にしないでいいから・・」
と強い言葉をかけて下さったからです。本当に心強く、周りの方に沢山助けてもらいながら今まで仕事を続けることができ本当に感謝しています。
暖かい湖青会の皆さんに囲まれ仕事は本当に楽しいです。また、仕事が終わり半日ぶりに会う子供の笑顔も私の活力です。これからも迷惑をかけることが沢山あると思いますが、助けて頂いた分、私も全力で働かせて頂きたいと思っています。湖青会の皆さんが大好きです。

温井 絵美:介護福祉士(通所 パート)

利用者の声

Coming Soon